真・きまぐれのほほん日記

大航海時代オンライン、ノトスサーバーでの海賊活動の仲間達への報告書。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報告書その15 某日。

俺の名はベーゼンドルファー。
カナリアに浮かぶラスパルマスを根城とし、
何の護衛もつけずにそこを通るか弱き冒険者や商人に襲い掛かり、
料理をブン取るのを生業にしている。


まあ、最近は釣りなんぞに勤しんでいるがな・・・



某日。


今日ものんびり釣りをしようと酒場でオムレツなんぞ食いながら沖にでる準備をしていた。

と、そこにフランスの商人風情の女が通った。
・・・・こいつは・・・エモノだ!!!

久しぶりのエモノに心が躍る。
絶対しとめてくれるわ。

酒場でこのフランス女に指を差し、「表で逢おう」と言い残し、海に出た。

ふ・・・・出てきたら最後、心行くまでボコボコにしてやるぜ。

そして、この女は護衛らしき船を連れて2隻で海に出てきた。
「護衛がいたのか!」と一瞬ビビッたがよくよく見ると戦闘用の船でもないな。

よし。いってみよう。

獲物「お助け~!」
「がはははははははは!!!」


025.jpg




そして護衛に一言。
「さあ、そのデカイ船で護れるかな?」
護衛「・・・ 寝るか・・・」

そういってヤツラはシマに引っ込んだ。

よし、これで散々脅してくれる。

街に戻るとフランスの2人組みは出航所前でなにやら話していた。
笑いながら2人に近づく。
これはもしかすると良い感じで料理をゲッツできるやもしれん。

「ちょいとモノくれれば勘弁してやってもいいぜ?」
と言う俺に対し、
「LVの低いお菓子ならある」
という獲物。
うむ!お菓子は良いな!
この獲物、なかなか立場がわかってるじゃねえか。

そしてプルーン入りブリオッシュを20、アンズのタルトを20。

「おフランス名産のプルーンでございます」と差し出すこの獲物の出したモノに大変満足した俺。

「うむ!!なかなか旨そうなお菓子だな。これで勘弁しよう!」

すっかり機嫌がよくなった俺を一気に不機嫌にさせたのは、この護衛の男。

「で、貴様はどうする?」

という問いに面食らったように黙り込む。

「ラスパの教会に簀巻きにして吊るし上げられたいのか?」

と睨みをきかせると、諦めたように男は言った。

「ピザで・・・」
と言いながら、ピザを20程俺に差し出した。

ふ・・・・この野郎。
このエモノでさえ、俺に誠意を差し出したのに、なんだこのシケた野郎は。

「ほう、ピザ20ね。見たところ貴様、結構な金持ってるはずだな。
貴様の船の船員全員の命と、このピザ20が釣りあうとでも?」

「これはあっちでの軍資金・・・」

「後ろのエモノは中々の誠意を見せてくれたがなぁ!!
それに引き換え、貴様のみみっちこさはなんだ!!!」

と言うと、この男。
20万Dを出すと言い出す。
すかさず「金などいらぬ、料理を出せ!」と詰め寄る。
出すという金を断ったのに面食らったのか、驚きを隠せないこの男に
「宵越しの金など必要ない」と執拗に料理を要求する。

「金はあるが、ピザしかない」と半ばヤケになる男に更に追い討ちをかける。

後ろの嬢の出したお菓子。
マルセイユで作ったお菓子をちゃんと俺に渡してくれた。
これが「誠意」だ。
ようは旨いかどうかだ。俺はそれに大満足だ!だから許すことにした。

「それに引き換え、貴様はなんだ!!!!」
と男を怒鳴りつける。

ピザの数を聞くと、残り100だと言う。

「そのクリッパー、無事に出たけりゃ、あと20よこしな!!」
と言うのに対し、尚も「10にまからない?」と戯言を抜かす。

この男・・・
護衛の癖に襲撃を回避するための交渉でここまで値切りするとは、
ある意味たいした度胸だ。

「貴様には誠意がない!!!」

と怒鳴りつけると、「仕方ない・・・・」と素直に20差し出した。

ふ・・・・コレでよい。


026.jpg




ひょんなことから料理略奪成功した俺はそのまま酒場に戻り酒を飲むことにした。

暫く酒を食らい、また釣りでもしようかと海に出る。

そこを、イスパニアの妙な名のヤツがノコノコ通る。

ふ・・・・この野郎。
危険海域の警告を完全にナメてやがるな。

さっそく通行料を頂くべく、真っ赤な戦闘旗を翻し、襲い掛かった。

「さてと、死んで貰うか・・・」
と言いながら猛スピードでエモノに近づく。

「きゃー」と叫び声を上げるエモノに、更に近づき、いつものように
大人しくすれば攻撃はしないと叫ぶ。

と、ふいにエモノの帆がたたまれ、碇を下ろす音がする。
よし、観念したか・・・・

「よし、動くなよ」と言いながら、エモノの船首に大砲を横付けし、捨て駒兵に装填を急がせる。

職業を聞き出し、脅しをかける。
「本当は海事がしたい」というエモノに対し、「なら戦ってみるか?ん?」と聞く。


027.jpg




がはははは!!さっさと料理出しやがれ!!

しかし、こいつの答えは意外だった。

「あたって砕ける!!」
と一言叫び、いきなり砲撃を開始した。

ほう。なかなかヤルじゃねえか。
この根性は気に入った。
まあ、今日は強襲用の装備だ。
負けることは無いとは思うが、適度に戦闘は楽しめるだろう。

「先に言っておこう、俺の砲はセイカー18のみ。がはははは」

しばらく遊びがてら弾を撃つが、ヤツの船から掛け声が聞こえた。

漕船、接舷だ。
よく考えると、やつは小さいながらもガレー。
俺は忠誠のかけらも持ち合わせていない、反乱起こす寸前の捨て駒兵。
数は50匹。
俺自身は短剣に血染めの修道服だ。

・・・・・・・やばい。

何かを直感で感じる。
物凄く嫌なビジョンが浮かんだ。

相手の船はグングン迫ってくる。

うを!やばい!!
即効で向きを変え、
思わず撒くはずでなかった機雷を1個だけ反射的に撒く。

そしてその機雷をヤツが思いっきり踏んだ・・・

轟音とともに、ヤツの船は撃沈した。
・・・・・・まあ、アレ踏んだら撃沈するわな。

正直もう少し楽しみたかったのだが・・・というよりも、機雷を使うつもりは全くなかったのだ。

・・・・ちっ。。。焦ったか・・・

「勝負を選んだ姿勢はたいしたもんだ、強くなって勝負しに来い」
と言い残し、傍らで船の残骸に捕まって泣き叫ぶエモノを尻目に
少々やるせない気持ちでシマに戻る。


さて、気を取り直して海にでて、今度こそマグロでも釣ってやろうと意気込むと・・・

見たことのあるイングランドの私掠が単騎でこちらに向かってきた。
すかさず望遠鏡で確認する。

・・・・・あの旗は・・・・英国私掠出師・・・

いつもは決して味方の立場でも無いどころか、はっきりと敵なのだが。
俺自身がさして彼らの活動の邪魔をするわけでもなく、俺も邪魔されるわけでもないので、まあ、なんというか。

「邪魔しない限り、お互いスルー」という妙なことになっている。

これは別に英国私掠水師に限ったことではなく、イングランド海軍や、東方不敗等、いわゆる大物集団や、単独のラスパの住人とも、妙な関係になっている。

もちろん、味方や仲間ではない。

例えば俺がイングランド海軍の目の前で、イングランドのエモノを襲ったら、その後は拷問の如く、信じられないような光景が繰り広げられるのは目に見えている。
まあ、実際何もなくこの状態になったわけでもない。

一度は討伐され、ボコボコにされ、話をしたような連中が多い。

決してニュートラルではないのだが、こういう「ただただ妙な天秤」が存在しているのは確かだ。


そしてこの日、ここに現れたのは1隻のガレアスだった。
どう見てもスルーするような気配はない。

ふっ、総員戦闘態勢に備えよ!!!
と捨て駒兵を叩き起こす。


そのまま速度を抑えることも無く、ただ無言で戦闘旗を掲げ、ガレアスが襲い掛かってきた。

「がはははは!!!来いやあ!!!」


028.jpg




上等だ。討伐だろうと英国私掠水師であろうとなんだろうと、
俺に闘いを挑んで来る限り、ことごとく逆らいまくってやるぜ!!

戦闘が始まって気づいた。
こいつの動きが妙なのだ。
どう見ても、手加減しているようにしか見えない。

しかし、俺は全力!
機雷発見を使われてはいるが、機雷を撒き、煙幕弾をぶち込み、ありったけの抵抗をする。

そのうち、当然のように撃沈される。
。。。。まあ、結果はわかってはいたが・・・

少し港で話をする。

よくよく話を聞くと「知り合いの仇討ち」で来たとか。

しかも、わざわざケープから、しかも、水師の連中の活動を抜けてまで来たのだとか。

・・・・・ふむ・・・
理由はどうであれ、こんな熱いヤツがいるとはな。

ただ、腑に落ちない。
俺が狩ったヤツってのは誰だ!?

聞いたら「言うとまた襲うだろ」と言う。
「目の前にいるのなら襲うが、別に狙うわけではない、約束する」と言うと、名前を明かす。

・・・・・さっきのフランスの2人組だ。

。。。。。。。。あの野郎。。。。。

少し苦笑いをしつつ、わざわざケープくんだりからラスパまで単独で来た私掠に証拠品として、奪ったお菓子を一部返還した。



さて、報告書は・・・・・と。

ん?
メモ書きがまだいくつかあるな・・・・・
これは次回にまとめるか・・・・

ふう・・・

アップルパイが食べたいな。
たしか厨房にあったはずだが・・・・






スポンサーサイト
  1. 2006/08/11(金) 22:17:53|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<報告書  その後・・・ | ホーム | 報告書その14 某日。>>

コメント

はじめまして。

はじめまして。Eurosで活動しているフリオ・ビエルサと申します。
突然ですが、ベーゼンドルファー殿、あなた様の海賊のやり方に惚れました!突然の申し出で申し訳ないのですが、ぜひ私のBlogにこちらのBlogをLinkさせてください。

私のBlogは少し特殊ですが、お暇でしたらお読み頂けると光栄でございます。
  1. 2006/08/13(日) 19:05:23 |
  2. URL |
  3. フリオ #6zEUKRPo
  4. [ 編集]

返信

フリオさん>
はじめまして。ブログ読ませていただきました。
面白い形で、自分と考えが似ていますね。
自分も同じく、完全にリアルを排除した形の報告書です。
お互いがんばりましょう。
リンクはフリーなので遠慮なくどうぞ。
  1. 2006/08/13(日) 22:18:06 |
  2. URL |
  3. ベーゼン #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。次回の更新でLink組ませていただきます!Linkしていただきありがとうございます!
  1. 2006/08/14(月) 10:42:57 |
  2. URL |
  3. フリオ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/08/16(水) 10:35:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

プロフィールの写真とベーゼンタソがちがう!w

もしや若い頃!?
  1. 2006/08/17(木) 20:42:34 |
  2. URL |
  3. anko #FiN.H6CI
  4. [ 編集]

健康診断書と30代,40代の転職

健康診断書とは、健康診断を行いその結果を医師が確認した書類 http://eastbound.misterblackband.com/
  1. 2008/11/23(日) 08:54:13 |
  2. URL |
  3. 無記名 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosen.blog72.fc2.com/tb.php/16-a0d1a500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ベーゼンドルファー

Author:ベーゼンドルファー
大航海時代NOTOS鯖にて。
カナリア、ラスパルマスを根城に戦闘行為ではなく、主に恐喝によって料理を強奪するのを得意としている。
安全海域、酒場、交易所前、どこででも恐喝して料理を手に入れるのが少し得意。


※会話メインなので、プライベート設定、素無視することによって、俺からの被害はほぼ100%防げます。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

アクセス解析

キャラ詳細

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。