真・きまぐれのほほん日記

大航海時代オンライン、ノトスサーバーでの海賊活動の仲間達への報告書。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報告書  俺は生きてるぜ!詳細追加

ラスパルマスを根城にし、獲物を見つけては料理をふんだくり、
弱い者からのリベンジを返り討ちにし、強敵と戦う・・・

がはははははは!!!!

物事なんでもプラス思考!
交渉なんてお手の物。

無いものは奪う!!
弱者は全て獲物!!


カナリアの海賊。ベーゼンドルファーだ。


最近は釣りにはまってるのと、ラスパの裏山での農作業にはまってしまってな。


「ベーゼンは海の藻屑になったのではないか」

等といわれたりしたが。

とんでもない。

俺は勝手気ままに相変わらずの生活を楽しんでいる。



がはははははは!!!

海軍どもよ!!


報告書はもう少し先になるが、とりあえずは俺の生きている証拠を数点。

貼り付けてやろう!!!!


もう一度言うぜ!!


「俺は今まで通り、生きてるぜぇ~」

がはははははははははは!!!!


そして、報告書に詳細を記載しよう。


某日。

俺は相変わらずラスパルマスの酒場で酒と上手い料理に舌鼓を打っていた。

このオヤジとは随分長い付き合いで、こいつの作る料理には俺様も一目をおいている。

まあ、最も馴染みのある酒場だな。
俺の指定席まであるほどだ。

で、そこに以前対決しただろう糞ガキが走って来た。

以前重ガレーで挑んできて、このフリゲでボロボロにしたことがあったのが相当むかついているらしい。

「そこいらのぼんすと格が違うのさ」
「赤い羽根のリーダーだからさ」

とやたらと粋がって来やがる糞ガキを尻目に酒を飲み干す。


ベーゼンドルファー>で、どれほど強くなったんだ?
いたずらっ子>LSちゃんぼっこぼこくらい(’v’
ベーゼンドルファー>そりゃ俺に対する嫌味か!!
いたずらっ子>うそぴょんぴょん(’v’

嘘だとケタケタ笑うが、11連敗もし、苦渋を飲まされたLS殿のことを言われると、さすがにブチ切れかける。


「勝負はするのか?」と聞くと、
「おめー、そんなに死にてぇのか?この前とは一味違うのさ」
と余裕の挑発をしてくる糞ガキ。


いたずらっ子>おもてでろ(’v’
ベーゼンドルファー>準備してくる

ということで、ラスパ沖にて再びお灸をすえるべく、戦闘を開始することになる。


ベーゼンドルファー>久しぶりだが、貴様くらいはボコにできるだろう!!
いたずらっ子>もくずにしてやるの(’v’
ベーゼンドルファー>がははははっは!減らず口を叩けなくしてくれる!


039.jpg



戦闘開始!


全力で砲撃合戦が行われる。
ガレー系の船と白兵なんかしたら、2発でなぎ倒されるのは目に見えている。

砲撃し、機雷を散布するが・・・若干操船が鈍い。
これは・・・腕がなまってるのは明らかだな・・汗

しかしそこは、真・黄金鮮血恐喝丸のスピードと旋回能力。
追いつかれることも無く、距離を持つことができた。

そのうち、不意に放った砲弾がまともに敵船に食い込み、そのまま奴の船は撃沈した。



ベーゼンドルファー>がはははははは
いたずらっ子>えーーーーー


「手が滑った」と言い張る糞ガキにトドメを刺すべく、もう1戦。


戦闘開始!

そしてその直後、不意に動いた俺の船尾にモロに奴の砲弾を食らう。
なす術も無く、そのまま粉砕される・。・

なんだ。。。今のは・。。

油断しすぎた。

そして第3戦。


戦闘開始!


今度の勝負で全てが決まる。
操船の勘も戻った。もう言い訳はできん。

慎重に砲撃と相手のスキルを見る。
どうやら奴も機雷を撒いているようだ・・・

どういうランクかしらんが、俺の船では一撃でほぼアウトだろう。

機雷を踏む=撃沈
近距離砲撃を2発食らう=撃沈
白兵戦3ターン=拿捕

この単純な式は「まぁいいか」ってのを許さない。

慎重に闘い、戦闘は膠着するが、距離は近いため、油断はならない。

お互いが機雷を撒き、その機雷地帯で戦闘が始まった。
よし!

機雷地帯でのインファイトは俺が得意とする戦法だ。
というより、フリゲ向けなのだ。

そして、距離を誤り、激突、最悪の白兵に持ち込まれる。。。

「やばい!!!」

瞬時に「皆殺し」の文字が脳裏に浮かぶ。

勇敢にも白兵で戦って・・・などという無謀なことは全く思わない。
ここは撤退だ!!!撤収~~!!!!

しかし、一撃で半分の船員をなぎ倒される。


ベーゼンドルファー>いてえ!!!!
いたずらっ子>しねやー

次の一撃で残り半分の船員が蹴散らされ、甲板は血に染まった・・・

・・・・最悪だ・・・




040.jpg




ガレーに白兵に持ち込まれ、船員を皆殺しにされる。
どうしようもないほど、俺の敗北だ。

素直に負けを認め、そのまますごすごとシマに戻る。

途中、港前で停泊していた船、見たことある船は、かの英国艦隊の重鎮。ホレイショだった。

たった今ついたばかりの自慢の「海賊行為一時抑制旗」を見せる。


ベーゼンドルファー>見ろ見ろ このマーク!
ホレイショ・ホーンブロワー>^^;
ベーゼンドルファー>勝負に敗れてこのザマよ
ホレイショ・ホーンブロワー>晴れの日ばかりじゃなかろうて。
ベーゼンドルファー>まあな貴様もな!!
ホレイショ・ホーンブロワー>私か?
ベーゼンドルファー>おう!
ホレイショ・ホーンブロワー>晴天なんて見た事ないな・・・
ベーゼンドルファー>がははははは
ホレイショ・ホーンブロワー>いつも、曇天か雨天。
ベーゼンドルファー>もうすぐ晴天のクセに良く言うぜ
ホレイショ・ホーンブロワー>はは


そのまま、シマに入港する。


「晴天なんて見た事ない、いつも曇天か雨天。」


ふ・・・この言葉の真意。
その後、貴様にしっかりと響くことになるだろう。



某日・・・


海でのんびり釣りをしながら、英国の女軍人としばし話をしていた。
ここで釣れるマンボウとマグロは良い値で売れる。

俺の資材、弾薬代はこの魚から供給される。


港に魚を保存できる倉庫とかあれば良いのだがな。

そのうち、何者かから打電が入る。
話の内容から、だんだん険悪になり、勝負の雰囲気になってきた。

「今度出合った時はギタギタにさせていただきますので、首洗って待っていろ、海賊!!」

「チャンスを逃す奴は強くなれないぞ?俺に出会うのは結構な運が必要でな。今なら丁度戦闘用になってるのだが?ん?」

と軽く挑発してみる。


「おっし、わかった。大砲買ってくるから、待ってろ海賊!」

と意気込んで戦闘の意志を伝えてきた。
がはははははは!!!


「何かを賭けるなら、パネトーネを50出そう、ちゃんと自分の強さ、ハンデを考えて納得できるものを用意して来な!!」

「うおっし!まかせときな!」

ふふふ・・・いいねえ。こういう熱い奴。

余談だが、話の内容から見ても、こいつはどう見ても強い船の類ではないのは明確だった。

勝負時に俺の求めてるものは「圧勝」ではなく、「良い勝負」。
もしくは船、砲の物理的な強さでもない、圧倒的な強さを見せつけられた後の「敗北」だ。


まもなく奴が現れた。
イスパニアの考古学者だ。

ふ・・・修道服を着てやがる。
いい趣味だ。

「ふはははは。ジベ、装甲14!?大砲20か・・・耐久だけはあるな」
「当たり前だ修行が必要だと言ったろうが!」
「ふぅむ・・・大砲は何を?」
「デミ・カルバリンというやつだな」
「またえらいマニアックな・・・」
「ちょうどお手ごろ価格だったのだ」
「こっちも装甲ははずして大砲は加減しよう、但し!機雷はばら撒き程度は使わせてもらう。」
「望むところ!」


決して舐めてるわけではないが、煙幕弾8と鎖弾12で相手をすることにした。

ふ・・・何も撃沈するだけが勝負ではない。
奴がどこまで抵抗できるかが勝負の鍵だな。


ベーゼンドルファー>来い若造!その腕を見てやろう・・・
ド***>胸をかりるぞ
ベーゼンドルファー>海賊の戦闘、みせてくれる。



戦闘開始!!


やはり対人経験のほとんど無い学者では動きが違う。
しかし、その中でどこまでの抵抗をしてくるのかが楽しみだ。

「こいつが資材切れまで撃沈せずに戦えたら見事だな・・」
とふと思った。

開始直後から、船首、船尾に幾度となくクリをぶち込む。

マストを折り、煙であぶす。

それでも耐久があるのと、こちらの火力が小さいのが幸いしてか、何度でも修理で復活する。

相手の攻撃はほとんど当たらない。


しかし・・・まともに船尾に入れても、高耐久で耐えられてしまい、トドメには全くいたらない・・・・

しまった・・・甘く見すぎたか・・
機雷で耐久を減らして資材切れを目指すか。

白兵戦にもつれ込むが、お互いが離脱。


挑発しながら砲撃してるうちに、目に見えて苛立つ敵。

3つだけ撒いた機雷に向けて直進してくる。

ふははははは!!

ベーゼンドルファー>さてと
ベーゼンドルファー>食らってもらおうか・・・

ド@@が機雷に接触しました!

ド@@のサブマストの帆を損傷させました!

ド@@が機雷に接触しました!

ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました

ベーゼンドルファー>どうだ?機雷の味は・・・

ド@@が修理スキルを発動しました
ド@@が修理スキルを発動しました

ド@@>まだまだー

ふむ。

2つも機雷を踏んで耐えるとは・・・
やはり高耐久ってのは侮れんもんだ。

その後も隙を見ては船尾にクリを入れるが・・・・
やはり撃沈までは至らない・・・

正直、こうなると逆にツライな。


ド@@>ちょこまかちょこまかと
ベーゼンドルファー>資材切れたかい?
ド@@>きれたわい

「頭で勝負!」

といきなり白兵を挑んでくる。
よし、攻撃も防御も似たようなもんだ。

やってやろう!!とばかりに、銃撃の嵐を食らわせる。

相手の船員が残りわずかになった時、勝負はついた。

まあ、なんだ。
よくぞここまで、がんばった!!

NPCと対人の違いも痛感したようで更に修行に励んで再び勝負しに来るとのこと。

がはははははは!!!!

熱いねえ・・・いいねえ・・・・

次回はより容赦無く叩き潰す。


マグロのオリーブステーキを45受け取りました
鶏丸焼きニンニク詰めを40受け取りました

ふははははっ!
なかなかのモノもってやがるじゃねえか!

こいつのリベンジが楽しみだぜ・・・


その後、カナリア沖でエモノを捕捉する。
ヴェネチアの食品商だ。


「料理のニオイがするぞ・・・」
「襲わないでね・・」
「貴様!料理を持っているな!!」
「なぜわかった!」
「ぐふふふふ 俺の嗅覚をなめるな」

と、そこでいきなりの交渉だ。

「お!わかってるねえ!!」

魚介のピッツァを20受け取りました
パウンドケーキを20受け取りました

うむうむ。
実に良いエモノだ。

「がはははははは!!良い心がけだ!!」
「これでお許しを・・」
「うむ」
「お菓子好きらしいね」
「おうよ。」
「今友達から、お菓子あげれば教襲われないよって・・」
「がはははははは!!良い友達を持ったな!」


この日は良い日だ。

人生、曇天だけじゃぁねえなあ!!
ラスパの海は今日も静かだった。






次回予告!!!


042.jpg



いつも通りの光景だった。


046.jpg



同じエモノが2度、現れたのだ。


048.jpg



酒場のオヤジ・・・アンタだけだぜ・・・


049.jpg



VILLAINの猿こと、凶悪海賊ラリとの対決。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/28(木) 02:25:47|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

報告書その16 某日。

俺の名はベーゼンドルファー。
カナリアの海を行き来し、ラスパルマスを根城にしている海賊だ。

まあなんだ。

あれからちょくちょく恐喝や勝負まがいのことはしている。

相変わらず人目につくのは稀ではあるようだがな。

最近ではのんびり釣りなんぞしながら過ごしている。

しかしだ。

ここんとこラスパルマスには初心者冒険者や駆け出し軍人が多い。

これは俺にとって絶好の機会でもあるな。


ふっと工房に行くと、レシピしかおいていない。

なんだ、、、商売する気あんのか!?

色々聞くと、桶、砂など必要物資はすべて店からは消えたらしい。


というわけで、俺は料理以外にも、日用品も奪いまくることにした。


がはははは!!!

料理海賊から料理雑貨海賊にかわりそうだ。

さてと。。。

今まで報告書を作るのをサボってきたからな。

また、これからちょくちょく書くか・・・・

  1. 2006/09/17(日) 11:26:05|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

報告書 解決報告

全て解決。


交戦不可について・・・

交戦不可の間はノンビリと釣りしたり、料理食材交易でもするか。
一番疑問だった「勝負ができるのか」ってのがだな。

これは相手から仕掛けられたら可能だからOKだ。

勝負時で交戦不可になる場合は、戦闘勝利での付加価値で「海賊行為を防ぐことができる」というPKK要素がつくだけだ。

これでよりマジな勝負ができて、且つ、勝利の時の喜びが違う気がするな。


アイテムについて。

今日、工房にいってビビッタ。
レシピしかない。

本屋やんけ!!!アホかコラ!!


しかし、無いもの、買えないものは奪えばいいだけだ。

これからは料理雑貨恐喝になるだけだな。

既に桶は大量に奪い取った。
がははははは


賞金については、俺は元々金が無いから、全く問題ない。


町に入れない・・・

これは別に問題無い。
買いに行かせたら良いだけだな。

というわけで、イン率はかわらんが・・まだまだやるぜ。

がははははははは!!!!!


  1. 2006/09/10(日) 01:34:04|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

報告書  その後・・・

俺様の名はベーゼンドルファー。
ラスパルマスに拠点を置く、料理恐喝海賊だ。


ずいぶん時間が経ってしまったな・・・

ちょいと色々あってな。
過去のメモ書きが全て燃えてしまった。

ジントックとの屈辱の敗退と屈辱の罰、その他の決闘。

様々なことがあったのだがな。



あれから俺は細々と釣りや恐喝をしていた。


ところがどうやら、俺にとってはとんでもなく住みにくい世界になっちまったらしい。


リスボンに行くと、何でも恐ろしいまでの賄賂を要求された。
借金10万の俺が払えるわけもなく、そのままセビリアに行ったが、
ここでも賄賂を要求される。

結局 買出しも出来ず、そのままラスパに帰ってきた。



まずい噂を聞いた。
討伐されれば、時間が経たねば交戦は不可なのだとか。


慌てて海賊仲間や他の連中から情報を聞いたが・・・

どうやら俺にとっては過ごしにくいことこの上ない世界にかわってしまったらしい。


スタイルを変えろと言われることが多かったが、冗談じゃねえ。
俺は「海賊ベーゼンドルファー」


カナリア海、ラスパルマスの黄金のフリゲート海賊がどういう海賊か・・・

それは俺のことを知ってる奴なら誰でもわかるだろう。
そうだ!
そのスタイルだ。
そして俺の性格もわかってるだろう。



今でも海で俺に出会う頻度は少ないが、これからはさらに少なくなるかもしれん。





もしも、カナリアを通り、ラスパルマス付近に来ることがあれば。



いつでも豪快に笑う話好きの陽気な海賊がいたこと。

どんな相手にも悪態つきながら噛み付く黄金のフリゲートがいたこと。

真っ赤な修道服に身を包んだ甘党で帽子好きの海賊がいたこと。



たまにで良いから、思い出してくれれば嬉しい。

こういう奴もいた と言うことを海賊談で思い出してほしい。



まあ、こんなこと言ってるけどな。

俺は気まぐれだ。

もしかしたら、海のどこかで「がはははははは!!!」と聞こえてくるかもしれんぞ。

油断はするなよ。






さてと・・・・・・・


今日も料理を求めて海に出るか・・・・・・

カナリアの海は今日も静かだ。


029.jpg

030.jpg

031.jpg

032.jpg

033.jpg

034.jpg

035.jpg

036.jpg

037.jpg

038.jpg

  1. 2006/09/01(金) 04:42:25|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

プロフィール

ベーゼンドルファー

Author:ベーゼンドルファー
大航海時代NOTOS鯖にて。
カナリア、ラスパルマスを根城に戦闘行為ではなく、主に恐喝によって料理を強奪するのを得意としている。
安全海域、酒場、交易所前、どこででも恐喝して料理を手に入れるのが少し得意。


※会話メインなので、プライベート設定、素無視することによって、俺からの被害はほぼ100%防げます。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

アクセス解析

キャラ詳細

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。