真・きまぐれのほほん日記

大航海時代オンライン、ノトスサーバーでの海賊活動の仲間達への報告書。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

報告書その2 某日。

俺の名はベーゼンドルファー。
ラスパルマスに根城を置き、海賊を生業としている。


007.jpg




某日。


ラスパの近海は今日も静かだ。
俺は船に張ったハンモックで揺られていた。

先日奪い取った「仔牛のなんたらステーキライムなんちゃら」は実に旨い。
デザートはミルフィーユ。
この何層にもなったケーキは上から一気にザックリとフォークを入れた時のあの抵抗感がたまらん。

そうこうしてるうちに1隻の船が近づいてきた。

間髪いれず戦闘旗を翻し照準をあわせる。

ふ・・・・まあ、今日は気分が良い。

「逃げるか戦うか、停船するかを特別に選ばせてやる。」

という問いに対し、「俺は弱いよ」と言う奴。

俺の船は耐久195、装甲はシーダ。
積む大砲さえ良ければ1撃で粉砕も十分可能だ。

それでも逃げ腰になっている奴に対し、少々遊び心が出てきた。

機雷は封印、撃沈しそうになったら釈放してやるという条件で軽く遊ぶことになった。

たまにゃこういうのもいい。



004.jpg




というのは、奴はフリゲートに乗っていたのだ。
俺の大好きな船だ。
まあ、どういう操船するのかを見たかったというのもあったのだが・・

次回見たときは獲物として扱うと言い放ち、その場を後にした。

しばらくマグロ釣りに勤しむ。

金稼ぎもあって、ポルの旗付き艦隊を襲いまくるが・・・・
援軍要請をした艦隊にポル私掠船が襲い掛かってきた。

しかも俺の至近距離からいきなりだ。
・・・・油断したぜ。。。

機雷を撒くにも既に使い果たしている。

「油断したのう」
と言いながら空しく暴れ倒す俺を尻目に圧倒的戦力で船員を瞬時になぎ倒す。
・・・・なんだこの兵は。

援軍として来るとは予想はしていたが、まさかあの位置で入ってくるとは・・・・

幽霊船と化した船を操り、なんとかラスパへ。

酒場にドカドカと入って行き、大声で捨て駒兵を募集する。

がははははは!!さっそく集まってきやがったぜ。

さっきのことなど忘れ、意気揚々と振り向くと、そこにはずぶ濡れになった副官、鬼女が鬼の形相で酒瓶を振り上げて俺を・・・・・





スポンサーサイト
  1. 2006/06/29(木) 23:31:22|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

報告書その1 某日。

軽く自己紹介。

俺の名はベーゼンドルファー。

001.jpg


ラスパルマスに根城を置き、海賊を生業としている。
多国籍無差別海賊集団「VILLAIN」の一員でもある。

奴等は気のいい仲間ではあるが、若干タイプが違ってな。
俺は強さや金や積荷にゃさして興味はねえ。
俺が獲物からブン取るのは「料理」だ。
勝負や戦闘からは逃げねえが、無益な殺生は好まぬ。
其れゆえ、戦闘ではなく、恐喝、脅迫からの交渉略奪をメインにしている。
会話が通じない連中は相手にしない。

あとは商会仲間、これは俺が唯一何かと甘えることができる大事な家族だ。


某日。


ラスパルマスで船に揺られている。
実に静かな海だ。
監獄から復帰したものの、いつの日か誰ぞから貰ったお気に入りの帽子が無くなった。
あの羽付き帽子は気に入ってただけに、少々残念だ。

海に出、しばらく獲物追うも中々捕まらない。

挙句の果てにポルトガルの私掠海賊に出会い、ボロボロにされる始末。

今日は負け日なのか。
あまりの不甲斐なさに横でピストルを指でクルクルと回している女の視線が痛い。

いい加減に何とかしないと、風穴を開けられてしまうな・・・


とりあえずシマに戻り、酒でもかっ食らう。
と、そこに獲物らしき奴が入ってきた。

002.jpg


このマダムを名乗る生物学者は俺と2、3言話しただけでその場から逃げようとしやがった。
すかさず
「海に出たら生皮剥がしてマストにつるし上げてやる」
「船員も皆殺しだ」
と脅しにかかる。
どうやら船員の皆殺しというのが痛いらしい。
マダムは素直に交渉に応じた。


魚介のピッツァを100受け取りました
マグロのオリーブステーキを30受け取りました


がはははははは!!
なかなかの太っ腹だ。
こういうご馳走にありつけるのは非常に嬉しいもんだ。
ヨダレが出やがる。

なかなか良い日だ。

調子にのって颯爽と船を出す。
歌を歌いながら周りを探るとまたしても獲物がいる。

がはははははは!!
今日はついてるぜ!

問答無用で戦闘に入る。
まずは停船勧告。

ふ・・・・見たところ、小船だ。
たいした戦闘力もないだろう。
少し脅せば大人しくするだろう・・・・・という俺の考えが甘かった。

完全に油断しきっている俺の船に奴はいきなり一斉射撃をかました。

凄まじい轟音と共に、真・黄金鮮血恐喝丸の船首に砲弾の嵐が飛んでくる!!!
船首に命中した砲弾は船全体を貫き、完全に俺の船を粉微塵に粉砕した・・・・・


海に投げ出された俺は海に浮かびながら空を見上げていた。
ふ・・・星がにじんで見える。

少し向こうの方で、ボロボロになった俺の船が腕利きの部下によりどんどん修復されていく。

ふ・・・・・油断した・・・・

全く情けねえ・・

意気消沈しながらも酒場で何とか酒をかっ食らい気を晴らす。

ぐふふふ・・・・天晴れだ・・

さっきまで機嫌がよかった女も今や般若か鬼のような形相で最悪な状態だ。
手にした銃を見る目が異様に怖い。

とりあえず海に出てみる。
・・・・静かなもんだ・・・

最近はマグロがやったら釣れるもんだ。
これは嬉しい。

そうこうしてるうちに、獲物が目の前を通過する。
どうやら海事上げらしい・・・・

ふ・・・これは脅し甲斐がありそうだ。

戦闘旗を翻し、大砲の照準を合わす。
今度は油断しねえぜ・・・・逆らおうもんなら、全員残らず血祭りにしてくれるわ。
じわじわと追い詰め、停船勧告をする。

すると奴は観念したのか、ヤケにあっさりと停船した。

「安全に戦闘訓練を続けたいのならモノを出せ」

という要求に素直に応じている。

うむうむ、ここまでは良い流れだ!
慎重に料理の種類と数を全て白状させる。

「ピザ70 とりにんにく160 こうし100」

ふ・・・こいつ、ヤケに良いものを持ってやがる。
これだから海事上げの連中を狙うのは止められねえ!

がはははははは!!

003.jpg


交渉の末、こうし30を得ることになった。

子牛肉のグリルライム添えを30受け取りました

がっはっはっはっはっは!!!
これで勝ち日になったかもしれん。

横で肉を豪快に頬張る女は嬉しそうに見える。

これでしばらく安心して寝れるってもんだぜ・・・・
がはははははははは!!
  1. 2006/06/27(火) 21:59:30|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

心機一転

こんばんわ。ベーゼンドルファーです。



簡易報告:
1、「復帰」
内容:地下監獄からの復帰
結果:そのままだ。


 
相変わらず某国艦隊に捕まり、どこぞの地下監獄に閉じ込められていたが、仲間の救助により、無事にラスパに戻ることができた。

今までの報告書は全て失ったが、まあ、過去に縛られることもない。

俺様は海賊、勝手気ままに海を行く。
  1. 2006/06/23(金) 21:36:04|
  2. 大航海時代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

ベーゼンドルファー

Author:ベーゼンドルファー
大航海時代NOTOS鯖にて。
カナリア、ラスパルマスを根城に戦闘行為ではなく、主に恐喝によって料理を強奪するのを得意としている。
安全海域、酒場、交易所前、どこででも恐喝して料理を手に入れるのが少し得意。


※会話メインなので、プライベート設定、素無視することによって、俺からの被害はほぼ100%防げます。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

アクセス解析

キャラ詳細

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。